Top > 中学受験で計算ミスをすることをなくすには

中学受験で計算ミスをすることをなくすには

テストが終わったら見直しをするという習慣を、徹底的に身に着けることが大切です。
中学受験の試験の時だけそれができるわけはありませんから、そういった習慣は小学校低学年・中学年から身につけさせることが大切です。
普段の小テストからワークテストまで、あらゆる機会で見直しをすることです。
人は誰だってケアレスミスをします。
もう一度見直しをすれば、そのケアレスミスに気付くことが多いのです。
小学校低学年の児童に、そのような習慣をつけることはかなり難しいと思われます。
集中できる時間も限られるし、興味がほかに向いてしまうことが多いからです。
そのためには、自分の思考の過程をテストの余白に書かせることが大切です。
筆算であったり、考える手立てとなる絵や図を書かせることです。決してそれを消させてはなりません。
もう一度見直しをするときに、それを見てもう一度振り返りをさせるのです。
中学受験の試験でしっかり振り返りができるように、ぜひ、計算ミスがないかもう一度問題を解き直してみる習慣を養ってください。
詳細を知るためには中学入試偏差値NEWS40に分かりやすく書かれています。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
キャバクラの求人募集|春休みみたいな長期のお休みなら...。(2016年7月 9日)
収納スペースが多い家に憧れます(2016年3月29日)
個人再生の手続き方法ですがこれは弁護士(2016年3月 8日)
止水プラグを下水道カメラに(2015年12月 7日)
興信所の役割☆浮気調査in大阪(´_ゝ`)(2015年7月16日)